正しく使うためにも|とても強力な効果を秘めている解熱鎮痛剤は、セレコキシブです!

とても強力な効果を秘めている解熱鎮痛剤は、セレコキシブです!

コップと数種類の薬

正しく使うためにも

ではここからはセレコキシブの使い方などについて話していきたいと思います。

セレコキシブという薬はあらゆる病気に対して適応力があります。
基本的に内服薬として100mgのものと200mgの2種類存在していて、セレコキシブは「錠剤のみ」が存在します。
それ以外の剤形は存在しないので覚えておいてください。

そして具体的にセレコキシブが何に対して効果があるのか?
まずは「関節リウマチの疼痛」です。
関節リウマチというのは、関節の炎症によって軟骨などの骨が破壊されてしまうことをいいます。
それによって関節の本来持つ機能が損なわれてしまい、そのまま放置すると変形してしまいます。
関節リウマチになると常に痛みが生じてしまうので、セレコキシブが必ず役に立つでしょう。
ちなみに他にも腰痛症だったり肩関節周囲炎、また外傷後や抜歯後の鎮痛にもセレコキシブが効果的です。

では実際にセレコキシブをどれくらい使っていくのか?
基本的には症状次第で変わりますが、たとえば関節リウマチの場合は100mgか200mgになるでしょう。
これを1日あたり2回服用していきます。
関節リウマチ以外の場合は100mgを1日に2回服用するのが一般的です。
関節リウマチはかなり痛みが強いため、この病気に関しては服用量を増やすことが可能となっています。
ただいずれにしても、念のために必ず医師と相談してから服用してほしいと思います。

そしてセレコキシブを服用する際には、極力空腹のときには飲まないようにしてください。
基本的にセレコキシブは食事の影響がありませんが、万が一の副作用に備えて食後に飲む方が安全です。